浮気された妻の皆さん、どうやって夫の浮気をやめさせますか?どうやって浮気相手を別れさせますか? 浮気の対応次第であなたの人生が決まります

浮気夫のトリセツ~浮気を止めさせる・浮気相手と別れさせる~

夫が台湾人と浮気をしていることがわかったら?

更新日:

【台湾赴任中の夫が単身なのをいいことに浮気相手を作った!?何とか相手の台湾人に制裁を与える方法はないでしょうか…】

数か月に一度、単身赴任中の台湾から帰国する夫。家族への愛情も感じられるまじめな夫のため、浮気なんて想像もしていなかった中で「夫と現地の台湾女性との怪しいメール」を発見してしまったら…。今までの信頼が強かった分、あなたの中で、夫への信頼は大きな音を立てて壊れていくでしょう。実際に確証がなくとも、ほとんどを外国の台湾で過ごす夫に対して言葉にならないくらいの不安が押し寄せてきてしまうからでしょうね。

 

日本在住時の浮気であれば、周りや探偵事務所等へ気軽に相談したり、何かあれば法に訴えればいいのですから、何かと「対応策」は出てくるかと思いますが、あなたのいない海外赴任先での現地人との浮気となれば…制裁を与えるにも、慰謝料請求するにも、何からどう手を出せばよいのか分からなくなってしまうでしょう。

 

実際、海外と日本の法律は異なる部分があり、不倫に関しての対応も国によって違ってきます。しかし、「何もできない」ということではありません。もし、あなたの夫が台湾で台湾人と浮気をしていたとしても…相手の国の法律を知ることで、あなたにも「妻の制裁」として、何かできることがあるはずです!

台湾は不倫に関してはシビアな国

一夫多妻制が認められていたとしても、世界中、どこの国であっても「人の妻」や「人の夫」に他人が手を出すことに対して寛大な国民性を持っている国はないでしょう。しかし、経済的な背景や、情熱的な国民性等により…不倫が多くなっている国はあるものです。ただ、台湾はアジア圏の中でも不貞行為に関しては結構シビアな国になるでしょう。

 

日本含め、基本的に不倫は「民事事件」としての扱いになりますが、台湾では「姦通罪」は犯罪行為として「刑事事件」となります。訴えられれば日本での不倫よりも…影響が大きく出る状況になるでしょう。ただし、これは「台湾国内」での話であるので、日本の裁判所や法務省等に訴えても意味がありません。台湾の裁判所等へ訴え、台湾国内で相手の女性を裁いてもらう必要があるのです。

 浮気相手が台湾在住の台湾人であっても慰謝料請求はできる

台湾の弁護士を通して、あなたが浮気相手に「内容証明」を送り、慰謝料請求を行うことができます。もし、相手の女性があなたの請求を無視したとしたら…その先は警察へ通報することで「民事事件」から「刑事事件」として訴えることができるようです。台湾では日本語が話せる人が他の諸外国よりも多くいるため、日本語が話せる弁護士や、台湾在住の日本人弁護士もいるので、あまり構えることなく相談しやすい環境ではあるでしょう。

 

また、浮気の証拠に関しても現地の探偵事務所等へ依頼を行うことで、赴任中の夫の行動や浮気をしていた場合の証拠を確認することもできるでしょう。浮気調査も、内容証明の依頼も、できれば現地に行って相談をすることがベストですが、現実的には…旅費も宿泊費もかかってくるのでそう簡単に何度も足を運ぶことは難しいかと思います。

 

しかし、今はインターネットの時代なので、日本の自宅に居ながら…台湾在住の専門家に相談することもできるので、こういった「使えるもの」はバンバン使って、少しでもあなたに不利益が出ないよう対応していきましょう。

 台湾の姦通罪で浮気相手を訴えるためには…ハードルの高い「証拠」が求められる

慰謝料請求に応じるのであれば、とりあえず意一件落着として終わらせる気持ちになる場合もあるでしょう。しかし、その請求すら無視をして…のうのうと暮らしている浮気相手を想像するだけで、毎日の生活に影を落とすくらい納まらない怒りに苦しめられるでしょう。あなたの夫が浮気をしたのであれば、相手の女性に何とかしてダメージを負わせたいと考えるのは、妻として普通の感覚です。

 

しかし、相手が夫の赴任先の台湾人であった場合。法律の異なる国相手への戦いとなる訳ですから一筋縄ではいきませんが、相手へ制裁できる可能性は0ではありません。台湾では不貞行為を姦通罪として訴えることができるからです。しかし…そこには大きな難関があります。それは「明白な証拠」が必要になることです。

 

日本の場合、2人でホテルに入る写真等、「一般的に考えて肉体関係があったと思われる」ことが浮気の証拠として認められますが、台湾での姦通罪を立証するためには…もっと確実な証拠を求められるため、2人でホテルに入った…だけでは力不足とのこと。ホテルに夫と浮気相手が入ったのを確認してから1時間後程で通報し、警察が部屋へ突入して不貞行為が初めて認められるという場合もあるそうです。

 

あなたの夫が台湾赴任中に浮気をしている疑いがあるのであれば、まずは日本からインターネットを通じて現地の日本語対応の探偵事務所へコンタクトを取り、夫の動向を調べましょう。日本感覚での浮気の確証としてホテルへ入る写真等が手に入ったのであれば、さらに浮気相手と会う確率を予想し警察に通報してもらうか、最終的には夫が赴任中の台湾へ乗り込み…警察へ通報するか、現地の人の協力を持って現場を抑えるか等の手段も必要になってくるでしょう。

 

結論として、台湾人と台湾で浮気をされた場合、慰謝料請求や姦通罪としての告訴を行うことはできますが、台湾の法律として認められる「確証」が無い限り、相手の女性へ制裁を与えることは難しいということです。お金も気力も時間も、相当なものが掛かってくると思いますが、どうしても制裁を与えたいと言うのであれば…根性で乗り越えていってほしいと思います!

夫の浮気をやめてもらいたいあなたへ

浮気を確かめたいなら調査力の「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気を確かめたい人におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績42年、解決実績8万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所は探偵事務所の中でも調査力に優れているので、あなたの夫の些細な行動を手掛かりに浮気を確かめることができます。

浮気だった場合、浮気相手に慰謝料請求や浮気相手と別れてもらう、夫との離婚をするための段取りといったところまでサポートしてもらえます。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料です。全国に支社があるから、全国対応。

「○○だけど浮気なの?」、「夫の浮気について聞きたいことがある」「夫の浮気を確かめてみたい」と思っている人におすすめです。

※相談をする際には問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

-浮気が発覚

Copyright© 浮気夫のトリセツ~浮気を止めさせる・浮気相手と別れさせる~ , 2017 All Rights Reserved.