浮気された妻の皆さん、どうやって夫の浮気をやめさせますか?どうやって浮気相手を別れさせますか? 浮気の対応次第であなたの人生が決まります

浮気夫のトリセツ~浮気を止めさせる・浮気相手と別れさせる~

夫がベトナム人と浮気をしていることがわかったら?

更新日:

【ベトナム赴任から帰国した夫から突然の離婚申告!現地で浮気をしてきた?外国人かもしれない夫の浮気相手に制裁を与えるにはどうしたらよいでしょうか…】

仕事で海外赴任をしていた夫。やっと帰国してこれから家族で暮らせると思っていた矢先、いきなり価値観の違いを前面に押され、離婚を切り出されたら…妻としては納得いきませんよね。今までに何らかの擦れ違い行き違い等含め、価値観の違いを感じるようなことが増えていった…とかの経緯もなく、いきなりでは…ね。

 

帰国後も、また赴任されていた国へ…友人を使ってでも個人的に行こうとしていたり、帰国後にやたらと携帯やPCをいじることが多くなった上であれば、離婚したいという理由が価値観の不一致なんて…素直に受け入れられなくなってしまうでしょう。だって、そこには妻の勘がビンビンに働き、夫の「海外赴任中の浮気疑惑」が芽生えてしまうのですから。

 

もし本当に出張先であったベトナムに浮気相手がいて、そのことがきっかけで夫婦関係の破綻となりそうなのであれば…決して許せないことでしょう。相手にはそれなりの制裁と慰謝料請求をしたいと思うのも当たり前です。ただ、日本国外での話になるので、日本の法律感覚でいるとがっかりする結果になってしまうでしょう…。海外での浮気は、ある程度「割り切らなければいけない」境界線があります。

単身の海外赴任から帰国後の突然の離婚の切り出しの裏には…女の影あり?

夫の言い分としては、離れて暮らしていく中で、いかにあなたとの価値観に違いがあったのかを目の当たりにした…という場合が多いようです。しかし、その裏には「現地に女性がいる」ことも多いとされています。どのような状況であったとしても、いきなり価値観の違いで離婚申請をしてくるときには「女の影」があると睨んだ方がよいでしょう。

 

「価値観の違い」とは本当に都合のいい言い訳ですよね。一緒の生活を続けていく中で、居心地が悪いとか、どうしても我慢できないことが出てきた…というケースも実際に耳にしますが、一方的な事情で離婚をしたいと思っている人も使いやすい言い訳です。

 ベトナムで現地妻が出来るのは普通のこと?

よく行かされる出張先や単身赴任先では、現地妻ができる可能性はあります。それはベトナムに限ったことではありません。男と女ですから、どこの国でも相手が何人であったとしても、きっかけさえあれば…男女の仲に発展することでしょう。

 

ただ、たしかに発展途上国のアジア圏であれば、ある程度の裕福さを持っている先進国の日本人と関わり少しでも恩恵を受けたいと願っている人がいることは事実です。それでも、既婚者の日本人の2番目的存在になることが当たり前…というような風潮はありません。全てのベトナム人が当てはまるのではなく、一部の人…となるのです。

国民性として意外と気性の激しいベトナム人

ベトナム人は良く言えば感情豊かで悪く言えば気性の激しい人が多いとされる国民性です。そのためか…不倫によっての事件発生頻度も高くなっているようで、不倫問題も深刻化し、政府は対策の一環として浮気の罰金額を引き上げたとのことです。

 

日本では若い子には相手にされないようなおじさん相手でも、熱烈なアプローチをし、ちやほやしてくれるので…相手にのめり込んでしまい、不倫と資金援助をしてしまうのでしょう。ただ、ベトナム人は嫉妬、束縛等が激しく、男性を巡って女性同士で殴り合いのケンカをすることも珍しい話ではありません。軽い気持ちで現地の女性と関係を持ってしまったら…痛い目を見る可能性もあるでしょう。

夫の浮気相手がベトナム人の場合、慰謝料請求ではなく「関係(お金)の遮断」こそ制裁になる

あなたの夫が赴任先のベトナムで現地の人間と不貞行為をした場合、訴えて慰謝料請求をすることはできます。夫に対しては帰国後に弁護士を通じて正式な慰謝料請求をすれば、夫の財力や弁護士の腕次第で、だいたいの場合、それなりの慰謝料を受け取ることができる状況へ持っていけるでしょう。

 

慰謝料請求や、お小遣い削減、最悪は離婚等…夫への制裁はあなたの気持ち次第でいくらでも可能なはず。しかし、ベトナム人の浮気相手に対しては、そう簡単に法を使った制裁を行うことはできません。とても面倒な手順が必要だからです。

 

まず、日本の法務省や裁判所を通じてベトナムの法務省・裁判所経由にて相手の女性を訴え、その後、相手の女性が日本へやってきて初めて日本の法律で裁きをくだす…という、本当に面倒な流れが要求されます。時間もお金もかかりますし、相手が裁かれるために日本へ来ることも考えにくいケースなので、ほとんどの場合、ベトナム人の浮気相手から慰謝料を受け取ることは不可能だと思われます。

 

もし受け取れたとしても、ベトナムの物価は低いため、「あんなに頑張ったのに、たったこれっぽっち?」と開いた口がふさがらないくらいの少額しか請求できないでしょう。このようなことから、ベトナム人の浮気相手への慰謝料請求は…手間とお金と時間がかかる割に得られる代償は少ないのが現実です。

 

ただこのまま泣き寝入りなんて悔しいですよね。ベトナム人の浮気相手は、奪い取れる可能性がある限りいつまでもあなたの夫を狙っているはずですから。資金援助目的や、最終的には日本国籍目的等で…。そんな相手へ何かしら制裁を与えたい場合、慰藉料請求は諦める等、ある程度の境界線が必然的にでてくる中であなたが唯一できることは、帰国した夫とベトナム人のお金の関係を遮断させることでしょう。

 

外国でも現地に住んでいる日本人が探偵事務所を構えていますので、現地の専門機関を活用し、まずは夫の浮気の証拠を確保しましょう。その証拠を元に、浮気相手との関係を終わらせない場合の容赦ない夫への制裁を天秤にかけさせ、浮気相手との関係を終わらせるのです。100%確実な方法ではありませんが、高確率でその浮気は終わらせることができるはず。

 

もし、それでも浮気相手取るというのであれば、後々、浮気相手と裕福な生活が出来ないよう、しっかりと慰謝料と子供たちの養育費を払わせるよう、弁護士とタッグを組んで戦いましょう。相手への最も効果的な制裁は「お金がなくなる」ことですから。

パートナーの浮気に悩み続けてるあなたへ

浮気夫のトリセツを閲覧してくださり、ありがとうございます。浮気夫のトリセツ管理人です。

当サイトに来られる方には「浮気をしているかも」と悩み続けている方が多く来てくださいます。

夫の浮気を疑ったとき、「ただの考えすぎだよね」と淡い期待を持って見ないようにしている人、「夫が浮気をしている」という事実を知るのが怖くてなにもできない人、すごく多いです。

でも、あなたが怖いとか、モヤモヤを感じる気持ちの分だけ、夫のことを大事に思っているってことですよね。本当は大好きだっていうあなたの気持ちがよく分かります。

本当に夫のことを大事に思っているなら、浮気を確かめてみようという勇気を出してみませんか?

探偵に頼めば浮気しているかどうかだけではなく、浮気相手への気持ちや詳しい状況まで分かるように調べてくれます。

そして、浮気の証拠を使うことで、夫の口から本当にのことを聞きだすことができ、真剣な話し合いをすることができます。

実際に、夫が浮気をしているのでは?とモヤモヤしていたけど、実際に調査をした方から意見をいただきました。

「夫が浮気をしていることを知らないフリをして過ごすのが一番つらかったです。一人で悩んでいるよりも、話を聞いてもらうだけでも楽になれますよ。」

「自分の意思を大事にして、調査が必要かどうかを考えることが大事です。旦那を大事にしたいと思いも、忘れてはなりません。」

「浮気してれば相手に慰謝料を請求すればいいし、浮気でなければ、なおのこと良いですし、いずれにしても、モヤモヤしてる時間のほうが勿体ないです。一度きりの人生、楽しみましょう。」

「問い合わせをした時には、旦那の浮気を疑っているという旨を話しました。相談員は私の話に耳を傾けてくれて、すごく共感してくれました。安心できました。」

「もし、浮気でなかったら費用が水の泡になるので心配でした。実際に調査をして浮気を確かめられて、結果的に気持ちが楽になりました。調査費用も慰謝料を浮気相手からもらったので、元が取れました。」

「もし、パートナーの様子が少しでも怪しいと思ったら一度調査をしてみた方が良いと思います。何もなければそれが判明するだけでも気持ちがすっきりできますよ。疑うだけではずっと気持ち悪い状態が続いて辛かったです。」

本当に夫婦関係を修復するためには事実を知ることがなにより大切です。

いつまでもネットを見て悩み続けるか、相談して楽になるのかはあなた次第ですよ。

[st_af id="4460"]
[st_af id="4459"]

-浮気が発覚

error: Content is protected !!

Copyright© 浮気夫のトリセツ~浮気を止めさせる・浮気相手と別れさせる~ , 2021 All Rights Reserved.