浮気された妻の皆さん、どうやって夫の浮気をやめさせますか?どうやって浮気相手を別れさせますか? 浮気の対応次第であなたの人生が決まります

浮気夫のトリセツ~浮気を止めさせる・浮気相手と別れさせる~

浮気相手に電話をするときは何を話したらいい?

更新日:

【夫の浮気相手の電話番号が分かった!電話をして浮気を止めるよう言いたいのですが…証拠がないため、どう話したらよいのか悩んでいます】

浮気をしていることは分かっている、でも証拠がない…。こんな状態のとき、浮気相手の連絡先を知ってしまったら、どんな女性か知りたいという気持ちと、浮気相手の口から浮気を認める言葉が聞きたい気持ちが出てしまうでしょう。このように色んな感情が出てくるとは思いますが、要は…とにかく「謝ってほしい」気持ちが本心中の本心でしょうね。

 

自分の感じた不安が事実であることを認めさせたい気持ちも大きくなると思いますが、証拠がない状態で電話をかけたところで、どんな言い出しをすれば良いかというスタートラインが決まっていなければ、言葉に詰まって…ただの無言電話になりかねません。

 

「夫とはどうゆう関係ですか?」「あなたが夫と浮気をしていることは分かっています」「夫と別れてください」等と確信的に切り出したとしても、実際にところ、証拠がない状況で相手とまともに話をすることは不可能です。まず浮気の事実は認めてもらえないでしょう。あなたの思い過ごしであればなおさらのこと。もし本当に浮気をしていたとしても、証拠がなければどこまでも言い逃れされてしまう。これが現実です。

電話をかけたいのであれば証拠を用意してから

何の証拠もないのに「浮気相手と思われる相手」に、浮気をやめるようお願いする電話や、夫との関係を問いただすような電話をかけることはしないでください。止めるのも聞かずに突っ走って電話をかけたところで、状況によっては「被害妄想の強いヤバい妻」ですとか、「頭のおかしい人」というレッテルを貼られて終わる…場合もあります。

 

「だと思う」「きっとそう」「そうに違いない」…この言葉が頭の中に飛び交っているのであれば、電話をするべきではないですね。抑えきれない感情が先に出てしまい、考えることなく思ったままの不安が口から飛び出してしまうようでは何の意味もありませんから。

 

浮気疑惑のある相手に電話をしたい、話がしたいと思うのであれば、まずは裏付けが必要です。例えば探偵事務所や興信所に依頼をし、浮気の確実な証拠を確認してから…確信を持って電話をかけましょう。証拠があれば、浮気の慰謝料をもらうために裁判などをすることができます。そこまで大きな話にするつもりはなくても、そうなったときに戦えることが重要なのです。浮気に対して逃げ道がなくなって初めて、相手も話を聞くしかなくなります。疑惑だけで押し掛けるように電話をかけたとしても、証拠がなければ門前払いされてしまうので、疑惑ではなく浮気の証拠があるという確信を持ってから電話をしましょう。。

浮気相手に電話をかけるときの注意点について

まず、浮気相手に電話をかけたいのであれば…最悪の場合の「離婚」も覚悟すべきです。あなたを苦しめた相手とはいえ、あなたが彼女から教えてもらって直接連絡先を知っているのではなく、夫の携帯から盗み見した連絡先に電話をかけるのですから…事実が知れたら夫の信頼を失う覚悟が必要なのです。

 

「先に騙されたのは私」「苦しめた相手に連絡することの何がいけないの?」と反論される方もいらっしゃるかもしれませんが、個人の感情は別にして、状況事実として「人のものを勝手に見た」という行為そのものが人間性を疑われてしまうということを分かってほしいですね。

 

たしかに浮気はした方が悪いです。妻を騙していることも間違いない事実です。ただ、それとこれとは別と考える人が多いので、自分のしたことは棚に上げ、あなたが携帯を盗み見して浮気相手に勝手にコンタクトを取ったことを知った場合、逆ギレしたり軽蔑されたりする確率が非常に高くなります。

あなたが夫と離婚までは考えてなかった場合、夫があなたに対して夫婦を続ける意思がなくなってしまうのは嫌ですよね。結果的に夫から見れば「あなたの行動」がきっかけとなり離婚に至る場合だってあるのです。自分の行動の結果に後悔することないよう、一時の感情にまかせて電話をかけることは控え、じっくり考えてから行動に移しましょう。

相手が電話に出ないようなら、潔くその場は引くこと!

夫に浮気疑惑が浮上し、相手の女性の連絡先を知ったとき…あなたが最初にやるべきことは「浮気の事実確認と証拠集め」です。言い訳のしようがない証拠を手にしたら、まず、話す順序を組み立てメモ書きをし…それから相手に電話をかけてみましょう。

 

どんなに冷静になったつもりでも、会話の最中にヒートアップしてしまっては、肝心の話したいことを飛ばしてしまうこともあるので、メモ書きは大切ですね。例え話が飛んでしまっても、メモを見ることで軌道修正はできますから。

 

問題は…相手が電話に出なかったときです。3回くらいの電話は問題ないでしょう。しかし、そこで「無視されている」と感じ、やっきになって何度も何度もかけることはしないでください。一歩間違えればストーカーとして訴えられてしまうかもしれません。相手の電話番号であることは間違いないのに出ないのであれば…もうここは引くしかありません。しつこくかけても何もメリットはないので、早々に切り上げるべきです。

 

そして、弁護士を立て浮気相手に内容証明を送りましょう。慰謝料請求含め、話し合いの場を正式に申込むのも良いですね。相手と話す手段は何も電話だけではないのですから、電話に出ないことに執着することなく、出ないなら出ないで次の手段を考えられるように意識してください。目的は「浮気相手と電話をすること」ではなく「浮気相手と話し合うこと、浮気をやめさせること」であることを忘れないようにしましょう。

夫の浮気をやめてもらいたいあなたへ

浮気を確かめたいなら調査力の「原一探偵事務所」

原一探偵事務所

浮気を確かめたい人におすすめなのが「原一探偵事務所」です。

原一探偵事務所は調査実績42年、解決実績8万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

原一探偵事務所は探偵事務所の中でも調査力に優れているので、あなたの夫の些細な行動を手掛かりに浮気を確かめることができます。

浮気だった場合、浮気相手に慰謝料請求や浮気相手と別れてもらう、夫との離婚をするための段取りといったところまでサポートしてもらえます。

浮気の相談、浮気調査の見積もり無料です。全国に支社があるから、全国対応。

「○○だけど浮気なの?」、「夫の浮気について聞きたいことがある」「夫の浮気を確かめてみたい」と思っている人におすすめです。

※相談をする際には問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

-浮気の対処法

Copyright© 浮気夫のトリセツ~浮気を止めさせる・浮気相手と別れさせる~ , 2017 All Rights Reserved.